中古マンションを購入するなら諭吉さんと相談しよう

双方にメリットがある

新築と中古マンションのどちらを購入すればいいか頭を抱えているのであればメリットを算出してみると良いでしょう。そうすることによって、最適な物件を手に入れることができます。

物件の違い

新築物件

新築物件であれば誰も住んだ形跡がないので、清潔感があります。また、最新のキッチンやトイレとなっているので、使いやすさが抜群と言っても過言ではないでしょう。

中古物件

新築物件とは対照的な中古物件はリーズナブルな価格で家をゲットすることができるでしょう。また、リフォーム工事をすれば間取りなどを好きなようにアレンジすることもできます。

中古マンションを購入するなら諭吉さんと相談しよう

集合住宅

頭金が必要

横浜で中古マンションを購入するためには、頭金を用意しておかなければならない場合があります。年収によって、金額が変わってくるので、無理のない程度のマンションを購入すると良いでしょう。例えば、年収が250万円で頭金を30万円収めると、トータル1630万円の中古マンションを買うことができます。

空き部屋

注意点

頭金ゼロの場合でも中古マンションを購入することができる物件も多くなってきていますが、月々の支払いが10万円を超えてしまう恐れがあります。そうすると、生活ができなくなってしまうので、できるだけ頭金を貯めてから購入手続きをするのが得策です。

男女

お金の借り方

マンションは中古物件であっても1000万円前後はかかるものがほとんどです。ですので、親から借りたり、銀行から融資してもらったりすると年収が低くてもすぐに夢のマイホームを手にすることができるでしょう。また、住宅設備の有無によって物件の価格が変わることがあるので、これだけは譲れないという設備があるのなら必要な予算を不動産会社に聞いておくべきです。そうすることによって、銀行に融資をしてもらいやすくなるでしょう。

あると助かる設備ランキング

空き部屋
no.1

ディスポーザー

キッチンで調理をしていると当然のように生ごみが出てしまいます。そのままにしておくと臭いが発生したり、虫がわいたりしますが、ディスポーザーがあれば瞬時に生ごみを捨てることができますよ。

no.2

乾燥機

洗濯物がたまりにたまっているのに雨が降っていたらベランダに衣類を干すことができません。しかし、乾燥機があればいつでも好きな時に乾かすことができるので、注目しておくと良いでしょう。

no.3

食器洗い機

料理をしている最中は楽しいけれど、食器洗いが億劫になることが多々ある方が多くいることでしょう。そういった時に食器洗い機があればあなたの代わりに食器を洗ってくれるので便利です。

no.4

24時間ゴミ出し可能

基本的にゴミを出す日は市町村によって曜日が決まっているところがありますが、24時間いつでもゴミを出せる施設があるマンションもあります。それなら、ゴミ出しを忘れても不用品を処分することができます。

no.5

玄関にベンチ

スペースが広々としたマンションにはベンチが置かれている場合があります。ベンチがあれば座って休憩することもできますし、靴の脱ぎ履きを楽にすることもできるでしょう。

広告募集中